2021年06月27日

3/6/27 細々と室内作業

今日はやはりお天気が悪そうで室内でゴロゴロしている。

以前からボタンの調子が悪いデジカメの検証もするが
解消できず・・・。
s-030627NIKON.jpg


燃料センサーの回路は、トランジスタをダーリントン
接続にして検証みるが、解消せず。
やはり OP-AMP の駆動能力かな?
地元の部品屋では駆動能力の高い OP-AMP は
置いていなかったしなぁ・・・。


あと、しばらく中断していた セルボのリヤカメラ の
検証を末う為のケーブルを用意する。
s-030627DR.jpg

これを使って調べたが、どうやらリヤカメラからの
ビデオ信号が来ていないようだ。
ドライブレコーダーをどう操作してもリヤカメラの
映像が映らないし・・・。
またしても問題発見してしまった。

そもそも、リヤカメラの画像をカーナビに入れて
みたかったのになぁ。

中古の2カメラのドライブレコーダを探して
アップガレージなど回るが収穫無し。

掛川 で晩御飯を食べて帰ってきた。
s-030627bm.jpg

おいしい。




posted by piazza928 at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月26日

3/6/26 燃料センサー回路検証と豊橋散策

今日は雨は降っていないので外で作業がしたかったが
所によって雷雨との予報なので、室内作業をする。

燃料センサーの出力回路のさらなる検証をする。
s-030626P-ns.jpg

実際に車載状態では 1.8V までしか電圧が上がらないので
負荷抵抗を接続したうえで、あれこれ検証した。

ロシア人エンジニアが公開している回路図を元に作成した
ので大丈夫と思ったが、気になる点は2つ。

・ 使われているトランジスタの型番が不明。

・ オリジナルと OP-AMP が異なる。

トランジスタについては、大した電流が流れるとは思えず
小信号用の 2SC1815Y を使っている。
HFE が低い為かと 2SC1815GR に替えても、さほど差が無い。
単なるエミッタフォロワーなのでコレクタ抵抗を下げると
電圧は上がるが、これは違うような気がする。

オリジナルの回路の OP-AMP の型番も公開されている。
しかし、これはすでに入手が不可能だ。
代替えはいくらでもあるが、データシートを見比べると
オリジナルの OP-AMP の出力電流がやたら大きい。
一般的な OP-AMP の倍ほどの出力電流がとれる。
これも影響するかもしれないな。

煮詰まっていた所で、いつもの友人からお誘いの連絡が
あり、気晴らしに出かけることにする。

豊橋市内をあちこち散策して、晩飯。
良く行く、肉のはせがわ でガッツリ食べる。
s-030626bm.jpg

さらに帰りに コンビニ で おやつ も買う。(爆)
s-030626mat.jpg

このところ話題の マリトッツォ だよ。




posted by piazza928 at 23:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

3/6/23 実車でも検証の結果・・・

会社から帰って、燃料センサーの電圧について実車で検証
することで、先日の疑問は溶けた。

資料から、私は勘違いをしていたのだ。

・ガソリン残量が半分以下なのに センサー出力が 3V ある?
 → これはアナログメータ用電源出力だった!

・アナログメータ用電源出力が 2V 位しかない。
 → これは、センサー出力だった!

ちなみに、センサー出力の配線は「青」
アナログメータ用電源出力の配線は「黄」が正しい。



そのうえで私の PIAZZA の燃料センサーのメータ電源の
電圧を車載(メータとつながっている)状態で計る。
s-030623P-メータ電源-車載.jpg


センサー単体に電源を供給し、メータとつながっていない
状態で計る。
s-030623P-メータ電源-オープン.jpg


次に新品センサーを車載(メータとつながっている)状態で計る。
s-030623P-新品メータ電源-車載.jpg


新品センサー単体に電源を供給し、メータとつながっていない
状態で計る。
s-030623P-新品メータ電源-オープン.jpg


アナログメータ電源出力の電圧は、

メータと接続時: 約 3V 
メータ非接続時: 約 7V 

ということがわかる。



ついでに新品センサーを接続して、フロートが FULL 位置
s-030623P-新品出力-FULL.jpg


フロートが EMPTY 位置
s-030623P-新品出力-E.jpg

まぁ、やはり 4V 〜0.4V の間のようだ。



せっかくなので、代替センサーを使った回路も繋いで実験。
s-030623P-代替センサーテスト.jpg

残念ながら、なぜかセンサー出力が 1.8V から上がらない?
ノーマルのセンサーの回路通りのはずだが?
出力のトランジスタや OP-AMP の型番が違う為かな?

まだ、実験は続くなぁ・・・。(爆)




posted by piazza928 at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

3/6/22 燃料センサー用カプラの製作

今日は会社から帰ってから、燃料センサー用カプラー
を製作する。
s-030622P-ns2.jpg

会長から、これ用の オス / メス のカプラー部品も
預かっている。
あまり作ったことの無いカプラーなので、
純正の配線を見ながら、色も合わせて製作した。
こちらは、純正のカプラー。
s-030622P-ns1.jpg

改めて資料など見直して再検討しているが、まず、
自分の車の燃料センサー単体でもテストしてみたい。





posted by piazza928 at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月20日

3/6/20 新城エンスーミーティングに参加

今日は早起きして 新城エンスーミーティング に参加。
なんと AM5:00 スタートだ。
s-030620sem1.jpg

今回は 豊橋の PIAZZA オーナー とも お会いできた。
s-030620sem4.jpg

今月のテーマ 「60年代のイギリス車」
s-030620sem2.jpg

なるほど、昔のジャガーですね。
「光岡?」 なんて言ったら、オーナーに怒られるなぁ。(爆)
s-030620sem3.jpg

ワタクシの車、時計だけは、ジャガー XJ6 用デス。
s-030620j-xj6-T.jpg
(ちょっと加工してますが)


この、ロータス、かっこ良いなぁ。
s-030620sem6.jpg

珍しいサイドカーも。
s-030620sem5.jpg


いろいろと面白かったなぁ。
豊橋の PIAZZA オーナご夫妻とは、その後も喫茶店で
モーニング を頂きながら歓談する。
s-030620P-m1.jpg

豊橋名物(?)モーニング。
s-030620P-m2.jpg
こちら、おごっていただきました。
ごちそうさまです。


帰ってきても、まだ昼前!
しかし眠くなって仮眠をとってから、昼飯を作る。
s-030620hm.jpg


今日は 静岡県知事の選挙なので投票に行く。
s-030620s.jpg
近くの小学校が投票所だ。

その帰り、ふとその小学校の裏山に上ってみた。
なんと、初めて「キツネノカミソリ」の花を見ることができた。
s-030620knk.jpg


帰ってから自分の PIAZZA の燃料センサの電圧を計ってみる。
現在、ガソリンは半分より少し下だ。
s-030620P-ns1.jpg

だがセンサーの出力電圧は、「3.15V」ある?!
s-030620P-ns2.jpg
半分以下なら 2V 以下ではないのか?

さらに、メータ用電源出力電圧は 7V あるはずなのに 1.97V なのだ?
もっとも、いすゞの資料では、アナログメータ用定電圧出力は 2.8V
となっているのだが・・・。

手持ちのイスズの配線図では、デジタルメータとアナログメータで
燃料センサの配線の本数が異なるようだが、燃料センサーは共通では
無いのだろうか?

謎だ・・・。




posted by piazza928 at 23:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月19日

3/6/19 細々としたこと

今日は朝から大雨なので室内で細々したことをする。

手持ちの PIAZZA 用の新品の燃料センサーに通電し
特性をチェック。
NEROの寝床さん からの資料や動画と照らし合わせて
比較した。

フルで 4.1V
エンプティで 0.34V
燃料警告灯の点灯時は 0.5V で、
メーター用電源出力は 6.87V

と NEROの寝床さん からの動画とほぼ一致する。

※ NEROの寝床さん の指摘にもあるとおり
※ いすゞの資料は、一部間違っているようだ。

唯一動画と異なるのは燃料警告灯の点灯時の電圧だが
これは純正の燃料センサーの回路を組んで
実験したものと全く同じであった。


それとは別に PIC マイコン開発環境で、新しい PIC
(D/A コンバータ内蔵タイプ)用のプロジェクトを
作成してテストするが、エラーの連続・・・。

アセンブラのマニュアルや、コンフィグのファイルを
読みだしたりして、一つ一つ改善していく。
一番難関と思っていた、コンフィグの設定の記述の謎を
解き明かすことにも成功した!!


夕方、部品など買いに出かける。
s-030619km1.jpg
純正燃料センサーのコネクタと同型の部品も預かって
いるので純正と同等の色の配線なども買ってきた。

また、ノートパソコン用にテンキーも入手。
s-030619km2.jpg
実験データなど手書きでメモしているファイルが
あるのだが、そのための用紙も買ってきた。

最近はデータをパソコンに残すのだが、実験中は
やはりノートに手書きが、手っ取り早いなぁ。




posted by piazza928 at 23:55| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月16日

3/6/16 燃料センサーの回路検証など

今日は会社から帰ってから、昨日買ってきた塗料で
ホイルの縁の色の再検証をしたかったが
雨なので室内での作業とする。

燃料センサーの回路についての実験を再開。
s-030616p-Fs-amp.jpg

センサー出力のリニアニティについて問題視しているのだが
会長からはリニアニティは不要とのお達しだ。
ひとまず純正の回路のセンサー出力アンプをそのまま組んで
入出力の動作試験を行う。
ここの回路は、このまま使えると思われる。


それとは別に、PIC マイコンの開発環境を再構築する。
MICROCHIP 社が供給している最近の開発環境では、以前の
アセンブラ(MPASM)が付属しなくなっている。
これが付属する最終バージョンのソフトをインストールしたが
何やら「どうぞ 64bit OS に」的な英文メッセージが出てしまう。

壊れてしまった以前の 32bit OS パソコンのハードディスクを調べ
使ってた開発ソフトは Ver3.10 と判り、このバージョンを入れた。

新しくプロジェクトを作成し、以前に書いたソースでビルド
(コンパイル)したが、全くエラーは出なかった!
s-MPLAB X 310.jpg

ようやく、元の環境を復旧できたな。




posted by piazza928 at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月15日

3/6/15 まるで錬金術?

出社時に明るい所でホイルの縁の色を検証。
s-030615P-w1b.jpg

正午と夕方にも見てみたが、思ったような色ではない。
メタリックオレンジのような色を期待したのだが・・・

夕方の見え方
s-030615P-w2.jpg
後ろは退色したオレンジ。
ある意味、それと色が合ってしまっている?

カッパー(銅)とクリヤーオレンジを混ぜたのだが
錆びた真鍮 のような色になっているな。
うーむ、まるで錬金術だ。

結局、他の会社の塗料で メタリックオレンジっぽいのを
探すことにして、試しに買ってきたぞ。
s-030615tmtm.jpg

なかなか、難しいなぁ。




posted by piazza928 at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月14日

3/6/14 ホイルの縁の色の検証

会社から帰ってから、PIAZZA のホイルの縁を塗装する。
以前にも同様の検証をしていたが、今回は別の色で試す。
s-030614P-fwr.jpg
「カッパー + クリヤオレンジ」だが、思ったより地味?

ちなみに以前に試したのは 「赤」
s-030614P-rwl.jpg

と「オレンジ」
s-030614P-rwr.jpg
こちらは塗った時の色は気に入っていたが、一年半ほどで
色が退色しているので、イマイチ かな。


今回の色は思ったより地味に思え、調合し直しも考えたが、
明るい日中の色を見てからにしようと思う。




posted by piazza928 at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

3/6/13 ポジション LED 手直し と FMV いじりなど

今日は久しぶりに PIAZZA をいじる。
前回、左ポジションの LED の修理をしたが、
3個並んだ LED の外側だけ 3W タイプなので
それまでと光り方が変わってしまった。
s-030613P-LP1.jpg
写真では右側。光り方は写真の左側が良いのだが・・・。

明るさも変わるのでバランスを取るため、
壊れていない右(写真左側)も同様にしておく。
s-030613P-LP2.jpg

JR120 PIAZZA はウインカーやポジションのランプが
バンパーの下の奥に位置する。
私は少し手前に出す為にウレタンのスペーサーを
挟んでいたが、これがボロボロだったので交換した。
s-030613P-LP3.jpg
ウレタンの・・・といっても、コレは水道栓のコマである。
黒いゴムのではバンパーに色が移りそうだったので、塗装面に
当たる所だけはウレタン製にしておく。


以前から懸案だった塗料の調合をする。
s-030613P-Ty.jpg
ホイールの縁に塗るもので、カッパーとクリヤオレンジ
を重さを計って調合した。
オレンジは気に入っていたのだが退色が激しかったので
今回は使用しない。

いざ、塗って試そうと思ったら雨が降ってきた・・・。
室内でノートパソコンに OS を入れたりしている。
動くようになると、メモリが 1MB しか入っていないのが
気になって、またまたハードオフに走る。(笑)
s-030613FMV-M1.jpg

晩飯は、隣町まで行って デミかつ定食
s-030613bm.jpg

ここの店に来ると、いつもコレを頼んでしまうな。(笑)


さて、帰ってきてノートパソコンにメモリを取り付け。
s-030613FMV-M2.jpg

ネットで調べて使えるメモリーの画像を携帯に入れて
お店でジャンク品の中のものを選択したが、偶然
このノートパソコンに入っていたのと同じものを GET できた。
メモリテストも OK!

ウインドウズでも確認した。
s-030613FMV-M3.jpg

さあて、以前のパソコンと同様の開発環境は構築できるだろうか。




posted by piazza928 at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月12日

3/6/12 MPLAB X に悩む・・・

先週から、PIC マイコン開発環境で悩んでいる。
今日も、夕方までコレにかかりっきりだった。


PIAZZA 用燃料タンクの代替えセンサーに
汎用の燃料センサーを使おうとしているが
フロート位置(燃料の残量)と出力電圧のカーブが
極端に合っていない。

しかも出力電圧はリニアに(連続変化)ではなく
10段階なのだ。

当初はアナログ回路処理でリニアライズしようと思ったが
やはり無理っぽい。 そこで PIC マイコンを使って電圧を
取り込み、プログラムで補正して出力したい。

最近の PIC マイコンなら AD コンバータに加え
DA コンバータも内蔵したものもある。
これを使えば、まさにワンチップで構成できる。

だが、そうは簡単にいかないのが世の常である・・・。
DA コンバータも内蔵した PIC マイコンの開発は、
C コンパイラを使うことが前提になっている。
私は C コンパイラは使えないのでアセンブラ で
開発してきた。

ひとまず、PIC マイコン開発用のツールをインストール
して、適当な C コンパイラのソースを貼っては
コンパイルするが、エラーの連続。
それならばと アセンブラ で試してみたが、以前に使えた
ソースコードであってもエラーの連続!?

あれこれネットで調べたら最新の PIC マイコン開発用の
ツールでは、昔のバージョンのアセンブラのソースとも
互換性が無いらしい・・・。

おりしも以前に使っていた PIC マイコン開発用のツールが
入ったパソコンが壊れたので、今使っているパソコンには
最新の開発用のツールが入っていたのだ。
かといって、昔の開発用ツールは、64bit の Windows に
対応していない!!
これは困った。
今まで作ったプログラムも、開発途上のものも
すべてパーになってしまう。

悩んだ結果、ハードオフで中古のノートパソコン(HDD 無し)
と、中古 HDD を買ってきた。
ノートは ¥3000 と格安だったw
s-030612W7Npc.jpg
ひとまず、手持ちの 32bit の Win7 をインストールする予定。


晩飯は帰りに立ち寄ったお店で カレー
s-030612bm.jpg
今日は本格的に ナン をチョイス。

おいしい。




posted by piazza928 at 23:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月06日

3/6/6 PIAZZA 補完計画(汎用センサー再検証)

今日はネットで調べごと。
お借りしている「コンパレータ付きデジタル電圧計」の
操作を調べるが、まだまだ分からないことだらけ。
s-030606CV.jpg

遅い昼飯はコンビニで調達。
s-030606hm.jpg

昨日会長と電話していて、燃料計の汎用センサーについて
許容電流が判明した。
NEROの寝床さん からもらった資料とも一致する。
そこで、改めてセンサーに電流を流して再度検証する。
今までは、最大と最小でしか電圧を見ていなかったのだ。
s-030606P-fst.jpg

しかし、またしても新たな 使途・・・じゃなく問題が。(爆)
センサーのカーブがリニアではないのだ。

いすゞの資料では フルで 4V
エンプティで 0.5V
ハーフで 2V
となっているのだが・・・。
ハーフでも 3V 程で、そこからは急に電圧が落ちてしまう。

ひとまず、実験の動画をアップした。

https://youtu.be/EnoNQkb46UQ


動画を編集していたら、晩飯も忘れていた(笑)
スーパーでお弁当を買ってきた。
s-030606bm.jpg




posted by piazza928 at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月05日

3/6/5 セルモータのリビルトで玉砕?

今朝はネットで調べごとなどしていた。

その後は壊れてしまった PIAZZA のサテライトスイッチを調べる。
s-030605P-ss2.jpg

昨日、会社の帰りに操作した際にばらばらに・・・。
s-030605P-ss1.jpg

本体側の軸を止めている部分の樹脂が割れている。
プラリペアで補修しようとしたが、このままでは
軸を挿すことができないことが分かり、中断。


さて、セルモーターのリビルトを頼みに、自動車街にある
電装屋さんに出かけた。
長い時間かけて端末を叩いて調べてくださったが、
セル自体の在庫はもとより、リビルト用のパーツが全く無く
リビルトは受けられない、とのことだ・・・。
DENSO の代理店でこう言われるとヘコむなぁ。。。


帰るついでにホームセンターや電子部品屋さんで買い物。
s-030605km.jpg


晩飯はスーパーで買った弁当。
s-030605bm.jpg


会長から預かった中にコンパレータ付き電圧計がある。
ネットで調べていたのだが、いまいち使い方が判らないなぁ。
写真の左の7セグ表示のユニットがそれ。
s-030605t1.jpg

Hi / Lo の電圧設定が上手く出来ない・・・。
s-030605t2.jpg

まぐれで設定できたりするので、正しく動作はしているようだ。
貧乏ランプ(ガソリン警告灯)の動作試験は終わったので
こんなことにも時間をかけていられないが。(笑)



posted by piazza928 at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/6/4 燃料センサー回路の検証

今週は、燃料センサー回路の検証をしている。
NEROの寝床さん から教えていただいた動画に、
ロシアのエンジニア(?)の回路図付き解説がある。
言葉はさっぱりだが、手書き回路図をキャプチャーし、
回路を組んで実験中。
センサーからメーターにつながるのだが、アナログ回路
なので、できれば同じ回路の方が親和性がよいだろう。

ただ、抵抗値とか疑問が残るので、動作確認だ。
ひとまず 貧乏ランプ(ガソリン警告灯)の動作を確認した。
ここまでは一昨日に出来ていたが、今日はバーグラフ表示
の基板を追加してみたぞ。(笑)


フル時(貧乏ランプ=消灯)
s-030604FS-F.jpg

エンプティ時(貧乏ランプ=点灯)
s-030604FS-E.jpg


会長からお借りした 汎用センサー は 1Ω 〜 188Ω まで10段階に
抵抗値が変わることは判った。
連続可変ではなかったのだが、そうするとデジタルメータとの
組み合わせで問題が出るかもしれないな・・・。

ただ、現状ではこのセンサーにどれくらい電流を流しても壊れない
かが不明なのが困っているところ。

このセンサーと組み合わせる燃料計とつないで電流を図りたいが
このメーターは横浜の船舶用品店のサイトでは¥15,000 程するし、
アマゾンでも¥5,000 程だ。
測定だけにしか使わないので、そんな出資はできない。


そうしていると、NEROの寝床さん からいろいろ資料をもらえた。
ネットで調べても肝心の事が判らなかったセンサーの資料もある。
このとおりなら回路が簡単にできるかも。

スペシャルサンクスです!!




posted by piazza928 at 00:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする