2020年03月27日

2/3/26 緊急ミッションオイル点検

ミッションオイルの漏れは前からあったのだが
浜松に帰ってから駐車場のオイル染みを見ても
あまり増えていない。

これって・・・まさか高速道路を走っただけで、また
ミッションオイルが抜けてしまったのではないだろうな。

怖くなって、会社から帰って点検してみる。
020326MT1.jpg

今回は、ミッションの横にもオイル汚れがある。
ミッションのオイルフィラーボルトを緩めようとしたが
こんなに隙間があったかな?
020326MT2.jpg

先週の土曜日にミッションオイルを入れたとき、
オイルフィラーボルトに付いているゴムの オーリング の
一部が潰れていて思いっきり締めると千切れそうだったので
緩めに締めたのは確かだが、ここまで緩くなかったと思うが?

オイルフィラーボルトを緩めると、オイルが出てくるので
ミッションオイルが抜けていることはないと安心。
そのまま、しっかり締めておく。

作業が終わって車を動かそうとして、あれ?!
クラッチがめちゃくちゃ軽い。
そして思いっきり踏みつけないとクラッチが切れない。(涙)

クラッチのフルードを確認するとすごく減っている。
補充して何度もクラッチを踏むが改善しない。
どうやら、ミッションの周りに付着したオイルを拭いていた際
クラッチのシフトフォークを手で動かしてみたりしたのだが
シリンダが動いてエアを吸ったらしい。


師匠に電話でエア抜きについて聞いてみることにする・・・。




posted by piazza928 at 23:18| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シフトフォークを動かしたくらいでエアーを吸うことはないです。おそらくレリーズシリンダからのオイル漏れです。ドラムブレーキの場合はホイールシリンダのカップを法令により定期的に交換しますが、油圧クラッチの場合は法令がないのでほとんど交換されません。もう30年です。限界が来て漏れたのだと思います。リペアキットを買って交換してエア抜きすればすぐに治ります。
エア抜きはブレーキと同じ要領です。
リペアキットの在庫はまだあります。3220円です。
ただしクラッチマスターシリンダの可能性もあるので、点検してください。
Posted by 葭川雄士 at 2020年03月28日 00:05
他に考えられるのは、もともとクラッチのリザーバタンク内の液面が極端に低く、ジャッキアップして車の前部が高くなったときに、エアーが混入した可能性はあります。(私はMT車のクラッチマスターシリンダの形状を知らないので、そうしたことがありうるのか、ちょっと???です。)
Posted by 葭川雄士 at 2020年03月28日 01:02
ありがとうございます。

レリーズシリンダ は数年前に新品に交換しました。

私もジャッキアップして車の前部が高くなったときに、エアーが混入したのではと思い、川端さんに相談しました。
「レリーズシリンダのエア抜きだけで済むと思う」とのことで、やってみたところ復活できました。


Posted by すがわら at 2020年03月28日 19:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: