2020年11月21日

2/11/21 セルボのリヤハブベアリング検証、等

長らく動かしていない PIAZZA のバッテリーを充電する。
021121pj.jpg
久しぶりにエンジンをかけてみるが調子は良い。


さて、セルボのリヤハブベアリングを検証する。
最初に乗って帰ってきたときに気付いたが、
後方からデフが鳴るような音がする。
FFなのでそんな筈は無いので、ハブベアリングらしい。

右側はボディ下にヒット跡があるので怪しいと思ったが
予想に反して、こちらは問題ないようだ。
021121c-rrhb.jpg

で、左側をジャッキアップしてタイヤを回すと、ゴー
ジリジリと音がする。
021121c-lrhb.jpg
ついでに手持ちのプーラーがベアリングを抜くのに
使えないかとか検証もする。

ネットで見ると、けっこう良くあるパターンらしい。
ただ油圧プレスがないとベアリングの抜き挿しが
キビシイようだが、30mm のソケットコマを当てて
叩くとか、ホームセンターのネジで工具を作るとか
DIY で、なんとかできそうにも思えてきた。
ハブベアリングなどの調達もしないとなぁ。

テンパータイヤやジャッキの収納部で ¥100玉 を発見。
消費税付きで ¥10玉 も付いてた。(笑)
021121c-st.jpg


さて、昨夜手直ししたツイータも取り付けた。
021121TW-ATT.jpg
先日、ツイータのコンデンサをフィルムコンデンサ
に交換したが、その際に容量も 4.7uF と大きくした。
組み合わせた社外品のウーハーが純正品よりも高域が
伸びていなかったのでカットオフ周波数を下げるためだ。

しかし、高域が出過ぎでイコライザで高域を下げないと
うるさい。が、イコライザで下げたままではウーハーの
帯域でも高域が下がってしまい、よろしくない。
コンデンサの値をオリジナルと同じ 3.3uF にする事も
考えたが、それでは中抜けが起こる。
なので、カットオフ周波数は下げたまま、音圧を下げる為
ツイータにアッテネータを追加した。

「私とてザビ家の・・・」 もとい、
「私とてプロオーディオに携わる男。妥協はしない。」

その後はカーオーディオのキャパシター取り付けの検証と
手持ちのキャパシターの手直し。
021121c-c1.jpg

以前に代車に付けていたが、今回はそのまま使えない。
こんな感じで完成。
021121c-c2.jpg

セルボに固定するための部材を調達してきた。
021121p.jpg


晩飯はスーパーで買ってきた食材で。
021121bm.jpg




posted by piazza928 at 23:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホイールベアリングをハンマー等を使って取り外し、組み上げるのはかなりしんどいです。
固いときはバーナー等でドラム側をあぶることもあります。
素直にプレス機を使うのが賢いです。
プレスは我が家にありますので、10分でできます。
今度の日曜のお昼過ぎなら、ピアッツァ乗りが我がガレージにきてルーフの張替えをやってますので、見学に来たらいいです。
Posted by 葭川雄士 at 2020年11月27日 19:54
有り難いご提案いただき感謝です。
まだベアリングが準備できていませんが、
いざとなったら又お力をお借りしたいと思います。

ルーフの張り替えは大変興味ありますので
見学におじゃまさせていただきたいと思います。
Posted by すがわら at 2020年11月29日 11:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: