2021年05月05日

3/5/5 PIAZZA のリヤスピーカ手直し。

今日は天気が崩れるとのことで室内作業。
PIAZZA のリアスピーカの痛みが激しいので手直しする。
音は出るがエッジが硬化して切れていた。
030505P-SP1.jpg
バッフルの塗装の艶も消えてしまっている。

外して、軽く塗装を剥がす。
030505P-SP2.jpg

マスキングして以前と同じ塗料で塗装する。
030505P-SP3.jpg

しかし長年置いてあった為か、スプレーの勢いがなく
すぐ出なくなってしまった。
ガスが抜けたのだと思い、刷毛塗りしようと缶に穴を
開けたらガスと塗料が噴出!
030505P-SP4.jpg
片づけに手間取ってしまった・・・。

おやつに 柏餅
030505ksw.jpg
今日は こどもの日 だなぁ。

刷毛塗りしたが、発色が悪く黒ずんでしまったので
クリヤーオレンジで手直ししようとしたら
これまた出なくなっていたので買いに走る。(爆)
030505P-SP5.jpg


お昼は、バーガーキング
030505hm.jpg
これは、大豆から作った代用肉のバーガー。
やはり物足りないものの、これはこれでなかなかイケル。

帰ってバッフルの再塗装。
なかなか艶が出ず、何度も重ね塗り。
その間に新しいスピーカーの方も準備する。
030505P-SP7.jpg
エッジの外のリング部分を チタンシルバーに塗装。
フロントのスピーカの意匠と合わせる。

このスピーカのコーン紙にこんな接着剤(?)が
塗られていることを発見。
030505P-SP6.jpg
これは、f0 の調整か、コーンの分割振動を抑えるためか?

バッフルの塗装は、今回は新しい挑戦をする。
青いパール系のクリヤをエアブラシで軽く吹いてから
スーパークリヤで押さえる。
030505P-SP8.jpg

角度によって青いパール系の光が出るのだ。
030505P-SP9.jpg
以前に高級な電子ピアノの一部分の塗装に使われている
のを見て、自分もやってみたくなったのだ。


晩飯は、コンビニ弁当。
030505bm.jpg




posted by piazza928 at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: