2021年06月19日

3/6/19 細々としたこと

今日は朝から大雨なので室内で細々したことをする。

手持ちの PIAZZA 用の新品の燃料センサーに通電し
特性をチェック。
NEROの寝床さん からの資料や動画と照らし合わせて
比較した。

フルで 4.1V
エンプティで 0.34V
燃料警告灯の点灯時は 0.5V で、
メーター用電源出力は 6.87V

と NEROの寝床さん からの動画とほぼ一致する。

※ NEROの寝床さん の指摘にもあるとおり
※ いすゞの資料は、一部間違っているようだ。

唯一動画と異なるのは燃料警告灯の点灯時の電圧だが
これは純正の燃料センサーの回路を組んで
実験したものと全く同じであった。


それとは別に PIC マイコン開発環境で、新しい PIC
(D/A コンバータ内蔵タイプ)用のプロジェクトを
作成してテストするが、エラーの連続・・・。

アセンブラのマニュアルや、コンフィグのファイルを
読みだしたりして、一つ一つ改善していく。
一番難関と思っていた、コンフィグの設定の記述の謎を
解き明かすことにも成功した!!


夕方、部品など買いに出かける。
s-030619km1.jpg
純正燃料センサーのコネクタと同型の部品も預かって
いるので純正と同等の色の配線なども買ってきた。

また、ノートパソコン用にテンキーも入手。
s-030619km2.jpg
実験データなど手書きでメモしているファイルが
あるのだが、そのための用紙も買ってきた。

最近はデータをパソコンに残すのだが、実験中は
やはりノートに手書きが、手っ取り早いなぁ。




posted by piazza928 at 23:55| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
研究進んでますね!
これと並行して自分がやろうと思っていたことが、
センサーの出力電圧とメータ側の振れの比較です。
ピアッツァって(他車もそうかもですが)満タンから
100〜150k、多分10〜20リッター位は針がほとんどFから
うごかなくないですか? 

加えて、故障前のセンサーの貧乏ランプはEにかなり近い位置で
点灯し始めましたが、先日付け替えた新品はEのかなり手前で
点灯し始めました。

センサー出力電圧と、メーター側の触れ幅を適正に制御出来たら
キモチイイなぁなんて考えてました。

メータ振れと電圧の関係、特にセンサーから送られてる基準電圧になる
7V前後の電圧との関係もチェックしておきたいと思っています。
Posted by 多賀 at 2021年06月20日 16:27
ありがとうございます。
自分の PIAZZA の燃料センサーの電圧も
計ってみましたが、なんだか随分違うんですよね・・・。
センサー単体の時とは違うのか、
それとも私のセンサーはやはり壊れているのか?

以前にメータの振れがおかしくなって
センサーを買ったのですが、
その後調子が良いのでセンサーは交換してません。
Posted by すがわら at 2021年06月21日 00:22
自分も基準電圧の値や貧乏ランプ点灯電圧については動画にあるとおりの新品センサーの机上での値と、車体上での電圧に差がでています。
基準電圧は車体側メーターまでのハーネスで結構吸われてるのかもしれません(電流測ってみたい)。貧乏点灯は回路内のコンパレータに入る基準電圧(6V〜7V)が異なると、分圧されてる比較基電圧が変わるから差が出るのかもしれません。いずれにしても78007出力の電圧がかなり持っていかれてる原因を突き止めたいです。 ちなみに先日130のデジタルメータ車のセンサーを測定したのですが、基準電圧は4Vくらいまで落ちてました。
Posted by 多賀 at 2021年06月21日 22:16
>ピアッツァって(他車もそうかもですが)満タンから
>100〜150k、多分10〜20リッター位は針がほとんどFから
>うごかなくないですか? 

うちの ピアッツァ やセルボ もそうです。
おそらく満タン以上にガソリンが入って
センサーのフロートが上限で止まっているのにガソリンが
入っているのでしょう。
なので、ここはどうしょうもないと思います。


貧乏ランプは純正の場合、センサー出力にコンパレータ
回路がぶら下がった形になっています。
なので純正のセンサーを使っている限りは、
調整可能なコンパレータ回路を外付けすれば、
いかようにも調整できそうですね。


>いずれにしても78007出力の電圧がかなり持っていかれてる原因を突き止めたいです。

これ、そういうものかもしれないです。
資料では、2.8V となっています。
またセンサー内部回路図では、78007 出力の電圧(7V)から 220Ω を
介してアナログメータに行っていますね。

うちの車での実測値は、ほぼ 2V でしたから
220Ω で 5V の電圧降下です。
計算すると 0.02A(20mA)しか流れてません。
故障でショートしているようでも無いような気がします。
Posted by すがわら at 2021年06月22日 23:38
>220Ω で 5V の電圧降下です。
そうなんです、そこんところが謎なのです。
私の実験動画で、ニキシー管のテスターが表示しているのは、センサーのコネクタの黄色線の電圧で、メーターに向かっている基準電圧です。(回路図では青と黄色が逆だったかも)

新品が7.16V、中古が6.42Vだったんです。
で新品を車載で計ると3.15V。

机上での測定結果もおいときますね。

<新品>
  FULL EMPTY
黄色 7.16 7.16
青色 4.31 0.45 ←中古との0.1V差が貧乏早く点く要因?

<中古>
  FULL EMPTY
黄色 6.42 6.42
青色 4.26 0.34
Posted by 多賀 at 2021年06月23日 00:00
>>220Ω で 5V の電圧降下です。
>そうなんです、そこんところが謎なのです。


?? はて? これは全然謎じゃないです。

まだ実験していませんので推測もありますが、
私は メータ用電源出力電圧 が、ほぼ 2V でしたと
書きましたが、これはまさに車載状態
(センサー出力がメータにつながったまま)での測定です。

自室で 新品のセンサーで実験 したときは、
メータ用電源出力電圧 はオープン(無負荷)で 7V でした。

車載状態では、メータがつながっていますので
センサー内部電源( 7V )から 220Ω を介して
アナログメータに電流が流れます。

仮に 0.02A 流れたなら、220Ω で 5V の電圧降下です。
これは、オームの法則通りの電圧降下ですね。

なので、メータに 0.02A しか流れていない場合は、
5V の電圧降下があっても不思議ではありません。

ただ、「メータ用電源出力電圧」からメータに対して
2V しか与えられていないのでは、昔のロジック回路
(例えば TTL や C-MOS のIC などは +5V だったので)
なんぞ駆動できる電源とは思えない電圧です。

メータ駆動の為の基準電圧用とか、とにかく
電源というほど強力なものとは思えないですよねぇ。
Posted by すがわら at 2021年06月23日 01:18
なるほど、そうかオープンでした!

おっしゃるとおり、メータ側に給電される電圧が2〜3V程度でなにをしているのかを突き止めないとすっきりしないですね。
これは机上にメータもってきてセンサーと接続して検証するのと、メータ側の回路も併せて調べる必要がありますね!

※私がメータ用電源出力をあえて基準電圧と書いているのは、残量計が電圧計だとしてその動作電源はメータ内なら12Vなりなんなり取れるのに、わざわざセンサーから出しているのは、動作用電源ではなく残量を示す電圧との基準になる為と想像しています。そこらへんを追及してみたいと考えています。
Posted by 多賀 at 2021年06月23日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: