2021年08月29日

3/8/29 リヤブレーキ検証など

昨日、摘んできた 草
s-030829k1.jpg
閉じた葉を見て オジギソウ かと思ったが、開いている葉を
触っても閉じない。 しかし何だか気に入ったので摘んできた。
茎を切ると数分で葉が閉じてしまったが、一晩置いたら葉が開いた。

葉が閉じると見えなかったが、この草は葉の並んだ茎に
花や実が付くようだ。
s-030829k2.jpg
葉は下に閉じるので、これが隠れてしまうのだ。


お昼はパスタを茹でて、絡めるだけのカルナボーラ
s-030829hm.jpg


洗濯したり部品を探したりしていると遅くなってしまったが
懸案の作業をする。
s-030829P-RR1.jpg

ハブとディスクロータの間に入っている スペーサ と
センターハブアダプタ を取り出す。
s-030829P-RR2.jpg

スペーサ の中心部は、センターハブアダプタの つばの部分 を
逃げる加工があるが、これが浅いのではないかと再調査する。
s-030829P-RR3.jpg
結果、ちゃんとに出来てるようだが、段差部分を私が
手加工でさらに削ったことで、一番中心部より外側の
方が削りが浅いことが分かった。

自作の簡易加工機で フライスのエンドミル を使って削る。
s-030829P-RR4.jpg
しかし、先般フリマで買って来たエンドミルは、2本とも
以前に使っていたものより格段に切れ味が悪かった・・・。

ただ、ここよりも気になることも発見。
ロータに当たる面が密着していないような汚れが。
8月は雨が多かったが、錆びた汚れのムラが気になるので
ロータの内側なども含めて観察する。
s-030829P-RR5.jpg

このアルミ製のスペーサーは、穴の回りなど、断面部に
あまり面取り加工はされていないように見える。
プレスなどで穴加工した場合、穴の周囲が膨れたりする
ことがあるので面取り加工をする。
s-030829P-RR6.jpg
写真の4つのホイルボルト穴の右から2つ目のような状態だった。
外周や中心部の断面も面取り加工しておいた。

ロータの内部の開口部も全て面取り加工しておく。
s-030829P-RR7.jpg

テストを兼ねて晩飯に出かける。
当初はたいして変わらなかったが、走っているうちに
今までより、さらにジャダーが減ってきたぞ!

まぁ、メーカーの設計からすれば、ローターとハブの間に
スペーサーを入れるなんて、「異物」 でしかない。
それゆえに細かいことに神経を使わねばならないのだ。
このブレーキで、ずいぶん勉強した気がする。


晩飯は、カツカレーだ。
s-030829bm.jpg




posted by piazza928 at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: