2021年10月10日

3/10/10 東名高速で JAF を呼ぶ

今日は朝からエコパの 旧車部品交換会 に行こうとしたが
途中、東名高速を走行中にエンジンが吹けなくなった。
エンジンチェックランプが点灯してその後エンスト。
路肩に停めた。
しかもその後はエンジンがかからない。

エンジンチェックランプと一緒に触媒のマークも点灯
したので、点火系か?
エンジンルームを開けてみても特に見た目では判らず。
ただ、しばらくして冷えるとエンジンはかかるが
しばらくすると止まってしまう。

仕方ないので JAF に電話してレッカーを頼み、また
ボンネット開けて見ていると、前に白いクラウンが
止まった。
「どうしましたか?」とやってきたのは、覆面パトの人。
後方に発煙筒を焚き、救援は呼んでますか?と聞かれ
また、三角停止版を出すように指示があった。

覆面パトカーが立ち去った後にやってきたのは JH の
パトロールカー。
危険ですからガードレールの外で待つように、など
いろいろ丁寧に指示をくれた。

そして、待望の JAF の車が来たが、その人は
「僕は後方での注意支援です」とのことで
さらにそのあとに 積載車 がやってきた。
s-031010P-R1.jpg
積載車に車を載せる際に前の牽引フックにロープをかけるが、
この車の場合はバンパーが破損する可能性があるとの事。
PIAZZA ではよく聞く話だが、イベントも近いので困るなぁ。

そこでエンジンが冷えた今なら、自走で載せられると思う
と伝え、実際それで積載車に載せることができた。
動物病院に行くのに、自分からケージに入る猫のようで
おりこうさんだナ(笑)

今回は点火系の部品も手元にあるし、車屋さんに行くのも
厄介なので自宅に運んでもらった。
s-031010P-R2.jpg
降ろすときも自走でバックして駐車場に戻せた。


落ち着いたら腹が減ったので近くのコンビニで昼飯を調達。
s-031010HM.jpg


その後は宿題の 知人の PIAZZA のテールランプ修理。
s-031010P-TL.jpg


晩飯は セルボ で サイゼリア に行く。
s-031010BM.jpg


帰ってから、以前に使っていたイグニッションコイル
を探し出しておく。
s-031010P-IGc.jpg
温まると失火するというのであれば、旧車にありがちな
イグナイターかコイルの故障が考えられる。




posted by piazza928 at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: