2021年10月18日

3/10/18 PIAZZA 点火コイル周りの手直し

今日は PIAZZA で会社に行くが、なんだか調子が良くない。
気になるので、帰りにホームセンターでスプリングを買い、
その場で加工してコイルの端子部分に取り付けた。
s-031018P-C2.jpg

どういうことかと言うと、プラグコードの点火コイルに
挿す部分の接点が緩くなっていて接触が悪いのだ。
s-031018P-C1.jpg
ふつうは、両側に接触するようにV字型に起きるのだが
何度も曲げなおしているうちにバネ性が弱くなった。
これ以上起こしても、折れるかもしれない。

そこで柔らかいスプリングを、点火コイルの端子部分の奥
に入れて、プラグコードとの接触改善にするのだ。
s-031018P-C3.jpg
この方法はデスビの端子部分で実績がある。

その作業後に車を走らせると、明らかに調子が良くなった。
さらに、燃調を取り直してベストな感じに戻った。

帰ってから、点火コイル周りのコネクタなど掃除して
きれいに配線し直しておく。
また、取り外した、オリジナルの始動性改善回路も
取り付けなおしておく。
s-031018P-C4.jpg

やれやれ・・・。




posted by piazza928 at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: